みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

第二水曜夜間教室より

水曜夜間クラス担当の鵬水です。
昨日のクラスの様子です。
今月の前半も竹の練習!

17-03-09-17-07-59-875_deco.jpg

晴竹(露鋒の葉)と、雨竹です。
皆さん露鋒で描いているつもりでも
気を抜くと蔵鋒になっていたりするので
かなり意識して描く必要がありそうです。

この日、長年陶芸もされているNさんが
絵付けのお皿を持参し、見せて下さいました!
「先生に手伝ってもらったのよ」とおっしゃってましたが
呉須でしっかり濃淡も表現されており
とても綺麗な仕上がりにビックリしました。

17-03-09-17-04-44-730_deco.jpg

私も少しだけ陶芸をしていた時期があります。
絵付けは数回しかした事がありませんが
素地に描くのは、紙に描くのとはまた違い
筆が滑らず油断するとにじみやすいので
これまた難しい作業です。
その時のお皿は不覚にも普段使いしていたので
残念ながら割られて😡しまいました!
こちらは穴窯で焼いたお気に入りのお皿です。

17-03-10-22-58-52-953_deco.jpg

焼成する際に耐火度の高い土を表面に置いて
その部分に炎が当たらないよう
意図的に円形の「牡丹餅」模様を出しています。
備前の桃山時代に盛んに焼成された作品によくついています。

その頃はまだ水墨画に出会っていませんでしたが
やはり絵付けの先生が水墨画を習うと良い
とおっしゃっていたのを思い出しました。
Nさんも、水墨画の練習の賜物でしょうか
陶芸の先生に「線が良い」と誉められたそうです!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する