みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

梅と桜  ウグイスとめじろ

こんにちは、渋谷教室に千葉から通う石井です。

今日は二十四節気の「啓蟄
『春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が、外に這い出てくるころ』、だそうです。
まだまだ寒い時節ではありますが、春の訪れを感じるこの頃です。

ちいさな春
蕗のとう
蕗の薹(ふきのとう)をみつけました。
コンクリートの隙間から、芽をだしているのがすごいです。

紅梅白梅が、満開です。
紅梅  白梅

中国では、花といえば、梅をさすそうです。
「四君子」のひとつにも数えられていますね。

 「梅の花は、
  高潔、孤高、品格をもつ花とされ、中国の人に古くから愛され
  漢文の「梅花香自苦寒来」は、
  「苦しい経験を積むことで、 素晴らしい人生になる」例えとのこと」
     (島根県江津市ホームページより抜粋)

日本では、花といえば、桜ですね。
桜の季節は、まだ少しさきです。が、

川津桜なら、2月から咲きます。
伊豆発祥の河津桜ですが、
最近は、千葉県内でもみられるようになりました。

ネットで、見所を調べてみると、
 「鋸南町、川津桜を「頼朝桜」と愛称をつけて、
 日本一の桜の里をめざして、1万4000本の桜を植樹。」
 これは、期待できる。とわくわくして、2月某日行きました。

頼朝桜
本場伊豆には、まだまだ及びませんが、(^^;)

と、すてきな発見
河津桜こと頼朝桜に、小鳥がたくさん、きていました。
目白群

枝から枝へ、花から花へ飛び交っています。
目白2 
人が集まって、写真を撮っていても、
おしゃべりしながらみていても、
逃げることなく、花の蜜を吸っています。

すると、
「かわいい、ウグイスがきてる。」と女性の声。
目白じゃないの。」と男性の声。

さて、この鳥は、ウグイス? それとも目白?
目白
この機会にウグイスとめじろについて、
またまたネットで調べてみました。

 ①体の色
    ウグイス・・茶色系のうすいみどり色
    めじろ・・・黄緑色の明るいみどり色。目の周りに白い輪もよう。
 ②食べ物
    ウグイス・・主に虫
    めじろ・・・主に花の蜜や果汁
 ③人なつこさ
    ウグイス・・あまり人の前にでてこない。ホーホケキョの声がどこからか、聞こえる。
    めじろ・・・人おじしない。

結論。 桜の樹に集まってきたのは、
     めじろ でした。

同じ時期に、同じような体形で、
美しい声は聞こえるが、姿をあまりあらわさないウグイスと、
梅をはじめ花の蜜を吸いにきて、黄緑色で人目につくめじろが、一緒くたになり、

昔から混同されていたようです。
花や鳥の名前も調べてみると、いろいろなことがわかって、
おもしろいかったです。

ちなみに、
鋸南町には、鋸山菱川師宣記念館という名所があります。
道の駅保田小学校もなかなかユニークでおすすめです。

では、春の好日
梅に鶯、桜に目白を
墨絵に描いてみようと思います。(*^_^*)

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する