みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

今年は台湾からスタート!故宮博物館1

皆様 明けましておめでとうございます

渋谷教室の安永と申します。簡単に自己紹介。
美しい物、美味しい物が大好きな女子です。
ブログでは私の見つけた美しい物、美味しい物、幸せな物をお伝えしたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

記念すべき第一回は、先日訪れた台北からの第一弾「故宮博物館」から

国際墨画会の会展でも台湾の先生方の作品にふれ、どうしても行きたかったのです+゚。*(*´∀`*)*。゚+

故宮入口


1日目にして美味しい物を食べすぎて食い倒れの夫をホテルに残し、やってきました!あこがれの故宮博物館!

道中、MRT(台湾の地下鉄)で隣に座ったお姉さまに場所を聞いたら、「同じ方向だから、ご一緒しましょ」と言っていただき迷わずに到着です。

一日では回りきれない故宮博物館。ホテルで夫が寝ている午前中だけでみられるように、行く場所を限定しました。

まずは、入口で日本語のパンフレットをゲットして。
IMG_4105.jpg

今回は、書画エリアの2階だけにターゲットを絞ります。
IMG_4106.jpg


かの有名な「翠玉白菜」には、長蛇の列。。。30分はかかりそう。。
白菜行列
ここで並ぶと午前中だけで見ることは出来ないと判断して、白菜の出口付近、遠~くから拝むだけでスルーです。。
ちらっと緑色だけ見えました。。次回はゆっくり来たいな(。>ω<。)

書画エリアに入ると、惚れ惚れするような水仙の花畑がお出迎え。
すてきだな~。

ふと、周りを見渡すと。。みなさん写真をバシャバシャ撮っています。
え~!写真撮影オッケーなんですか!

でも。。怒られると大変なので、一応、イケメンの警備員さんを捕まえて「写真撮ってもいいですか?」と伺ったところ、フラッシュを使わなければ、オッケーとのこと!

故宮博物館、太っ腹です。
なんと、昨年9月から、期間限定で写真撮影オッケーのようです。

http://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/37395.html (台北週報の記事より)

すごくラッキー!
ということで、出迎えてくれた水仙の作品がこちら。。
水仙
葉一枚の中にも、丁寧に陰影が描かれています。とても繊細な作品。水仙の香りが漂ってきそうです。
白と黒だけの世界なのに、色まで見えてきそうなのはなぜだろう。。素敵です~

山水もありました。
山水
以前教えて頂いた「松」。こうやって描くんですね~。と葉の一本一本まで眺めました。
近景、遠景の区別が墨の濃淡で美しく描かれています。

次に並んでいたのが、国際墨画会で最初に教えて頂いた「竹」
何度描いても、奥が深い「竹」
「竹」の作品が10枚ほど並んでいました。

竹1
度々琴水先生より「構図が大切よ」と教えて頂くのですが、この作品の構図は勉強になるな~。
近景の濃い色の葉を手前に集中的に描いています。こういう構図は思いつかない!すご~い!

竹2
こんな形の竹もオッケーなんですね!
琴水先生の「絵は自由よ~」の言葉を思い出されます。
自由って素敵ですね。

ここまで見るのにあっという間に1時間!
次回は書画以外のエリアで見つけた美しい物たちをご紹介しますね

Tomoko Yasunagaヾ(・∀・)ノ




該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する