みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

江戸エモーショナル

第四日曜教室の加藤です。

今日も疲れたーなんて仕事帰り、電車に何やら面白そうなつり革広告が。

『べらぼうにエモい。
 デジタルアートで江戸の秘密を暴く
 スーパー浮世絵 江戸の秘密展』


??
もうなんのこっちゃ分かりません。が、なんとも興味をそそる展覧会です。
てことで行って参りました。場所は茅場町の平和ビル。

IMG_2505.jpg

この展覧会では浮世絵をデジタルデータとして取り込み、
ディスプレイなどに映してデジタルアートして展示しています。
日本橋近くの会場とあって、入るやいなや歌川広重の日本橋が出迎えてくれます。

IMG_2508.jpg


おぉ、浮世絵の人々が日本橋を行き交っています!
「行き交っている」と言っているのはただ静止した絵をあたかも動いているように描写したわけではなくて、言葉通り本当に浮世絵の人々が動いて橋を渡っているのです。仮装現実の中に入ったようなそんな錯覚を起こします。

この日本橋を渡っていくと江戸の世界が待ち受けています。
江戸の町、ファッション、歌舞伎、江戸湾、幽霊、遊郭。
この展覧会を通して江戸の人々の色彩豊かな生活を垣間見ることができます。


IMG_2509.jpg

IMG_2514.jpg

IMG_2525.jpg


一番のお気に入りは遊郭ゾーン。
両面の壁には遊郭の格子窓が並んでいて、浮世絵の花魁が幾人も窓越しにいます。
ここには仕掛けがあって、
なんと近づくと花魁がこちらを見て微笑んでくれるのです!

左が離れている時で、右が近づいた時です。

IMG_2536.jpg

なぜかこちらまでつられて笑ってしまいます。


最近浮世絵をテーマにした展覧会は数多くありますが、
ただ浮世絵そのものを見せるのではなくて、
観客に江戸の世界に入り込んでもらう体験型エンターテイメントとして
展示しているところがなんともデジタルらしく新しいなと思いました。

この展覧会を通して感じたことは、
江戸時代の人々は決して教科書の中の人々なのではなくて、
今と変わらぬ感性を持った人たちなんだということです。
皆お洒落にとても敏感で、
着物の裏地を派手にして遊んだり、
袖のまくり方で着こなしを楽しんだり、
24時間化粧を落とさないくらいスッピンを他人に見られるの嫌だったりと、
現代人のお洒落に対する姿勢となんら変わりがないじゃないか!

江戸時代を肌で体験できるとても楽しい展覧会でした。
5月までと長丁場の展覧会なので、皆さんも興味あれば足を運んでみてください。

ではでは今月はこの辺で。また来月。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する