みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

あけましておめでとうございます。

新年を迎えて

国際墨画会会長 香取琴水

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

2017年の新春を皆様いかがお迎えでしょうか。各々一年の計をお持ちのことでしょう。
今年の国際墨画会は、とても多忙な年になりそうです。

毎年恒例の「国際公募国際墨画会展」を6月に六本木の国立新美術館で、
9月に会員とシンガポール支部の先生方との「日新交流水墨画展」をシンガポールで、
11月に在チリ日本大使館とチリ日本センターの依頼による「日智国交120周年展」を
チリのサンチャゴで開催予定です。
当会は、今迄ヨーロッパ、オーストラリア、中国等での多くの海外展をしてきましたが
、南米展は初めてとなります。
それから会のホームページを12月23日より刷新し、アドレスも変更しました。

 新URL:http://www.sumi-e.or.jp

ホームページ担当もシステム基盤を藤原に、皆様からのお問合わせ窓口を古川に、
英語対応を藤平がさせていただくことになりましので、宜しくお願い申し上げます。
皆様に多くの投稿をしていただき、楽しいホームページになれば幸いです。


ところで、我が家のお正月のお話を少々。
30数年前、東京世田谷区の最寄駅が二子玉川、または成城学園になる、
まだ田園風景の残る香取の本家に嫁いできました。勿論、両親と同居、
周りには分家となる親戚がたくさん住んでおりました。

そのような理由で、暮れの一週間前から大掃除をしながら、30日、31日は義母とおせち料理作りです。
里芋、こんにゃく、ごぼう、椎茸、人参等のお煮しめを各々大鍋で、その他、酢蓮、赤白なます、
黒豆、栗きんとんやおつまみ的な物まで料理します。味は薄め、甘さ抑え目で。

その頃は元旦だけで20名ほどの来客でしたから大変で、毎年義母と「暮れから温泉にでも行って、
旅館のおせちでも食べてみたいわね。」と言いながら料理していました。
ここ数年は、近くにいる二人の娘と相変わらず昔と同じおせちを作っています。

でも、元旦に家族揃って卓を囲み三段重に詰めた料理を味わっていると幸福な気持ちになり、
きっとこれからも元気な限り同じような暮れとお正月を過ごし続けるでしょうね・・・と思っております。
2C2D3846-.jpg

皆様にとって本年が素晴らしい年でありますように。

2017年1月元旦

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する