みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

miho日誌2


こんにちは。
第1土日曜工筆画教室、第2水日曜墨画教室、講師 石坂です。

2月に入り、大分日が延びて来ました。
梅も咲き始めましたね。

工筆画教室の話になりますが、応用クラスでは毎年
年に1度「早春」というテーマで創作をします。

扇面の形に描く、という以外は構図も全て自由なのですが
それぞれの個性が現れた作品が出来上がり、とても面白いです。

これは、生徒さんが先月に仕上げた作品ですが、雪輪のグラデーションも素晴らしく
これから訪れる春まで飾れる作品になりました。


miho



基礎クラスは、今月から「猫」でした。
南宋時代、小品の摸写になります。

1回では完成は無理なので、来月と合わせての完成となります。
宋時代は、工筆画においてもとても重要な時代になり
基礎となる作品が多く鑑賞するだけでも勉強になります。

南宋時代には小さい作品が好まれたので、サイズ的に摸写しやすいです。

猫好きな生徒さんが多く、皆さん自分の猫をいつかは描きたいと
凄く集中して描かれていました。
私は犬派ですが、やはり自分の愛犬を描いてみたいと思います。

miho


今月は、自分の誕生日でもありました。

大人の階段を登り過ぎて、シンデレラでもない歳になりましたが
(昭和生まれの方はこの歌詞をご存知かと思います。)
自分にプレゼントを買いました。

「所作Shosa」という日本ブランドのカード入れです。
綺麗な皮に縫わず、折り紙の様に折って仕上げてます。
袱紗がモチーフらしいです。
それぞれのデザインに題があり私のは、睡蓮画をお手元に、でした。
大事に使いたいと思います。

miho


まだまだ寒い日が続きますが、街にはもう春の気配が感じられて来ました。
早く暖かくなります様に。


miho

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する