みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

柴又帝釈天 彫刻ギャラリー


渋谷教室の田村です。
今回は過日の晴れた週末に柴又散策をしたお話しをお届けします。

柴又は言わずと知れたフーテンの寅さんで有名な下町情緒溢れる町。
何度か訪れている柴又ですが今回の目的は庚申参りや木彫で有名な
帝釈天題経寺の彫刻鑑賞で、これは大庭園とセットで鑑賞が可能となっております。
今回初めてそのエリアに踏み入ってみましたが・・・

柴又2 IMG_6487.jpg 
お堂の周囲はぐるりと法華経の説話に基づいた場面が彫刻で表現されており
一枚欅の奥の奥まで細工が施され、繊細かつ重厚。
それらの美しい彫刻の数々には、ただただ圧倒されるばかりで
感嘆の声を漏らさずにはいられません。
足元の彫刻もじっくり見れるよう見学コースが構成されており、
お寺というよりはまさに「ギャラリー」といった言葉がふさわしい、
大変見応えのあるものでありました。

柴又3 

大庭園は想像以上に広く、門前町の喧騒が嘘のように
静かな時が流れていました。

柴又5 
大客殿には横山大観筆「群猿遊戯図」(彫刻下絵)と書かれた屏風絵が。
(出自に関しては諸説あるようです。)

柴又4 

その後は寅さんでもお馴染みの江戸川土手をぶらぶら歩き、矢切の渡しに乗船。
簡素な乗船場から向こう岸の松戸まで 傾きかけた太陽の下、風に吹かれながら、
ゆっくりとひと時の旅情を愉しみました。

次回はまた夏に訪れたいと考えております。


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する