みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

天使ちゃんの話(ある朝の通勤電車)

研究科の藤原です。

今日は天使ちゃんのお話をさせてください。


毎朝の通勤電車… 

それはそれは体験した者でないとわからない辛さがあります。 
ぎゅうぎゅうとすし詰め状態とは まさにこのことです。
押し寿司の白米達が窮屈に並んでいる気持ちが、
わかってあげれるような気がしますね…笑 
   電車

毎日の事ながら、朝の通勤電車は遅れるし、押し合いへしあい、
意地悪な人は一歩奥へと譲らないし、会社に行くまでに心も身体も本当に疲れちゃいます。 

ある日の電車の中での話です。 

可愛い華奢なお母様とランドセルを背負ったお子様が
電車に乗ろうとしていました。 

お嬢様の年の頃は小学生1〜3年生ぐらいでしょうか。
 手には白杖を持っております

 
  白杖2 白杖 

 「何があったの?」
 
 「なんて言ってたの?」 


 社内アナウンスがあると、 明るくお母様に色々尋ねています。 
お母様は暖かな太陽の陽射しのようにお話をされています。 

天真爛漫に微笑む姿… 私は少し離れた場所から柔らかく包みこんてあげたい
気持ちになります。 

通勤電車で心無い人にぐいぐい押されることもしばしば。 
(華奢な親子にもう少し気配りしてあげればいいのに!怒り込み上げる時もあります) 

しかし、 親子は、押されても愚痴ひとつ漏らさず、明るく振舞います。 

時々鼻歌聞こえてくると、
今日はご機嫌かな?通勤電車で会えた日は、とても和みます。
(その日は元気を頂けます) 

 お母様が日々接する優しい態度が、 
お嬢様を明るい天使ちゃんに育てられた所以でしょう。


 あの子の背中には
「大きな白い翼」があります。 

世の中の人々には、「白杖」としか見えないかもしれません… 

神様は大きな翼をくださる代わりに、
日常生活を少し不便にされてしまわれたのかもしれません......。 


誰よりも大きな白い翼が私には見えます。 


これから、 イバラの多い
「社会」という場所に羽ばたいて行かねばなりません… 

でも、あの子ならきっと大きな世界に羽ばたいて行ける! 
 私はそう信じています。 


天使ちゃんには、私の水墨画をご覧頂く事は残念ながら叶いません。

 しかし、天使ちゃんを支えるお方や、
 白い翼を見守ってくださる方々が

もしも水墨画をご覧いただく機会があったならば、

人々が元気になれるような画を
これからもずっと
描き続けてゆきたいと改めて思うのでした…

天使ちゃんに、また明日も逢えるといいなぁ。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する