みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

第4土曜日教室(初授業!)

みなさまこんにちは
藤原です。

2017年1月より、
第4土曜日教室(友吉先生の後)を担当することになりました。
よろしくお願いします。

授業内容は、「たのしい水墨画 教科書Ⅰ-基礎-」
をベースに水墨画の流れ(歴史)や用具、筆法・技法・調墨などを学びました。
課題は、鳥獣戯画・稚鮎・唐辛子です。(すすきも線描きの練習です)

教科書をたくさん読んでゆく工程になるので
みなさんが眠くならない方法はなにか?

考えた結果、
 ①教科書を1ページずつ、みなさんに順繰り読んでいただく。
 ②ノートPCを持ち込んで、著名な作品をプロジェクターで投影する

そんな授業をすることにしました。

第4土曜日教室 (3)

江戸時代の画家の絵や調べものって、
後で調べておいてください・・・

そういわれたけど・・・。
頭でわかっているのだが
なかなか日頃忙しくて、気持ちはあるけど、タイミングを逃してしまう・・・。

ご多忙な時代、貴重な週末を割いてに、わざわざ教室にきてくれているのだ。

(ならば、ここでいろんな情報をお見せすることを考えよう)

画像が思ったより小さく見えづらくすみません(←次回の反省課題です)

風神雷神
「あ~見たことあるある!」の声が。

俵屋宗達の「牛図」などは、
たらしこみの説明のあとに見ていただくのはもってこい!の画でした。

第4土曜日のクラスのみなさまは、

大変真面目にひとつひとつを
取り組んでくださいます。

みなさんが鳥獣戯画を描いている合間に、
こんなことを聞いてみました。

「無理にとは言いませんが、
 今年、作品展に出してみようと思う方、この中でどのくらいいらっしゃいますか?」

この質問に、

なんと・・・・・・!

全員が間髪入れずに、挙手してくださったのです。

嬉しい限りです。

来月は、作品のお話などもたくさん出てきそうです。
みなさんが最高の出来になるようなお手伝いができたら幸甚です。

友吉先生の素晴らしい授業と全く同じ指導とはいきませんが、
香取会長が組んだカリキュラム(基礎指導)内容は勿論、きちんと指導しつつ、
基礎以外のところで、

「今日、この教室に来てひとつ収穫があったわ!良かった~」

と思っていただけるような授業内容にしてゆけたらな・・・・と思っています。

第4土曜日教室 (1)

第4土曜日教室 (2)

※【写真投稿】
  この教室のようすは、生徒さん全員に許可をいただき撮影しております。

来月の授業は、
  「四君子」の竹―①
  竹竿を三墨法
  晴竹(蔵峰 と 露峰)です。

教科書Ⅱ「四君子」をお忘れなく。


ここで・・・・・・・・


ご覧のみなさまにお願いがあります。
国際墨画会のアクセス数をあげるため、下記の作業をお願いいただけないでしょうか。
(まだまだ新規ホームページを開設してから検索ロボットでのヒットが安定しておりません。)

Googleや、Yahooで
 ”水墨画 国際”
 ”水墨画 国際 渋谷”
 ”水墨画 国際 東京”
 ”墨絵 国際 東京”
 ”Sumi-e 水墨画 国際 東京”

など検索条件をたくさん入れて国際墨画会をヒットさせていただけないでしょうか。
お気に入りからアクセスではなく検索で探していただけると幸いです。
ご協力の程、よろしくお願いします。

<国際墨画会ホームページ>
www..sumi-e.or.jp

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する