みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

第二水曜夜間クラスより

みなさんこんばんは。
第二第四水曜夜間クラス担当の鵬水です。
昨日、私にとりまして年明け最初の授業だったのですが、カリキュラムが一巡して

今月から最初のカリキュラムに戻り、水墨画の基礎知識 テキスト1の読み合わせをしました。
テキストと言っても、色々掲載されているけれど、読み進むうちに訳がわからなくなるとか

いやになってしまうほどの厚さのテキストではありません。
とにかく墨画会のテキストはわかりやすく、特にこの1を読み込めば重要事項は網羅されていますから、あなたも水墨画を語れる(???)かも
しかし語れても描けないと!!
と言う訳でテキスト2以降は実践として、竹からスタートします。
昨年後半はカリキュラム終盤の風景画と言う難易度の高い画題に取り組んで来ましたが

いきなりシンプルな竹に戻ると、またみなさん戸惑うのでしょうね。
来月はその様子もアップさせて頂きます。
ちなみに昨日のクラスの様子はテキストをずーーーと読んでおりましたので

画像を残していませんでした!
変わりと言っては何ですが、基礎知識として、筆の説明があるのですが

その際に自宅から持ち出した藁筆の写真でも掲載しておきましょうか。

17-01-12-18-17-07-990_deco.jpg

数年前に藁筆づくりのワークショップで自作した物です。
乾燥させた藁から〝みご(稈心)〟を選り分け、束にして、石で叩き筆にします。

そんな藁や木や葦などの植物筆や、動物の筆、いろんな筆があり面白いです。


17-01-12-18-14-53-543_deco.jpg

これらは動物の毛の筆
鼬やテン、ホロホロ鳥、猫の毛、のぶすま…???
の、のぶすま?
調べたところ、昔はある地方ではムササビやモモンガの異称だったそうですが

妖怪の一種とも書かれていました。
私の筆はムササビではなく、妖怪の毛っけの方だったりして。。。(O.O;)


次回、第四水曜クラスも引き続き基礎知識の後半ですが

色々な表現方法、落款の事まで多岐にわたりますのでかなり重要となります!
また授業の模様をこちらでご報告させて頂きます。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する