みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

大洋州の和紙

渋谷第四日曜教室の加藤です。

さて3月の記事ではSiapoという伝統的な生地作りで、
そのSiapoの原料となるU’aという木の内皮を剥ぐところまで紹介しました。

↓前回の記事
モアナの衣装の記事


今月はその内皮を引き延ばして生地へとしていく工程を紹介します。
Siapoは大洋州の和紙と言ってもいいほど、
生地を作る工程は和紙を作る工程に似ている気がします。
ただ和紙のように繊細ではなくて、もう少々丈夫な生地なため
工程も和紙作りに比べて荒いですが、
大まかな流れは似ているのではないでしょうか。


まずは剥いだ皮を水に浸して水分を十分に含ませます。

そして少し大きめの貝殻でその皮をこすって
少しずつ少しずつ引き延ばしていきます。
この工程がとんでもなく重労働なんです。

IMG_2951_R-9b0f8.jpeg

何度も何度も上半身を大きく使ってこすりあげます。


ある程度大きくなったら、
今度は別の貝殻でこすって生地から水分を絞り出します。

貝殻でこれだけこすっても破けないとは何て丈夫な木の皮なんだと感心します。
しかしまだ伸ばす工程はこれだけでは終わりません。


次は水分を抜いた木の皮をi'eという木の棒とtutuaという土台で叩いて
更に引き伸ばしていきます。
とても軽快にリズムに乗って小気味好く叩いていきます。

IMG_2961_R-fa020.jpeg


話は少々それますがサモア人のリズム感はとても素晴らしいものがあります。
サモアのダンスショーなどでは演奏者が木の棒で木の土台を叩いてリズムを作り、
そのリズムに乗って踊り手がダンスします。
きっとSiapo作りでのリズムのようにリズム感は
伝統的に日々の日常で育まれてきたものなのでしょう。

サモアのドラムの動画


高速なドラムが心地よいですね。

Siapoも日本の伝統工芸と同じで
今では作り手がとてもが少なくなってしまいましたが、
昔は村中でこの木を叩く音が聞こえていたのでしょう。

さて話を戻して、
i'eとtutuaで木の皮を叩いて十分に広げたところで
引き延ばし工程は終わりです。
ここで石で押さえつけて30分ほど乾かします。

伸びた生地はこんな感じです。

IMG_2964_R-bdf1b.jpeg


これで生地はほぼ完成です。

それでは来月まで完全に乾くまで30分ほど待ちますか。
次回はいよいよ着色工程です。
水墨画でいうとやっと画仙紙ができたところですね。


ではではまた来月。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する