みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

紙について

こんにちは、渋谷の基礎教室に通うカマローワです。

今日は紙についてお話したいと思います。

水墨画や書に使う紙のことを、ロシア語や英語でよくライスペーパーといいますが、
必ずしも稲藁が原料になるとは限りません。

どんな種類があり、原料、特質や持ち味等について調べてみました。

先ず、画仙紙についてですが、

画仙紙は宣紙と呼ばれる中国・宣州(宣城)産の上質な紙から由来し、現在、中国産
のものを本画仙、日本製のものは和画仙や和紙といいます。宣紙の原料は青檀の樹皮で、
藁を加えて作られた紙が現在に続く宣紙のもとです。
Pteroceltis_tatarinowii.jpg

撥墨の佳さ、墨の持ち味、墨色の変化よく表現できます。主な種類として、薄くて滲みやすい
一層画仙と、厚めでかすれやすい二層画仙があります。ハッキリした筆跡が残るので、魚の
鱗や鳥の羽、葡萄などを表現するときに使います。一筆画に適しており、逆に、二度塗りは
失敗の元です。

次に、和紙

和紙の原料としては楮、
kajinoki.jpg

三椏、
mitsumata.jpg

雁皮、
ganpi.jpg

竹、稲藁、麻などを使いますが、それぞれの含有量や製造工程により仕上がりや紙の質感
がだいぶ異なってきます。繊維を均等にさせるため、トロロアオイの根っこから出る粘液を加えます。
tororoaoi.jpg

楮紙(こうぞし)
梶の木の樹皮はら作られる丈夫な紙で、滲みが少なく、重ね塗りやぼかしに耐えます。
余談ですが、浅草寺の雷門にある大提灯は楮100%の和紙で作られています。
kaminarimon.jpg

麻紙
綱麻、大麻、苧麻などを原料として作られた紙で、厚さは1号~3号が水墨画で使えます。
白麻紙、黄麻紙、赤麻紙等があり、礬水引きと生があります。

雲肌麻紙
麻と楮を原料とする厚めで丈夫な和紙です。繊維が絡まって紙の表面が雲肌のように
見えることが、名称の由来となっています。心地よい滲みとぼかしができる紙です。
礬水引きと生があります。

竹紙
竹パルプを主原料とし、書道や練習用紙として使われるお手頃な紙です。

雁皮紙
雁皮でできている薄くきめ細かい紙で、模造紙に似ています。銅版画などでよく使われます。

様々な紙を入手し、実験を重ね、描きたい作品に最適な紙は必ず見つかります。
逆に、偶然に出会った紙に描いてみて、「本当に描きたかったのこれ!」という発見も・・・

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する