みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

器の絵を楽しむ。そして学ぶ2

渋谷教室のやすながです。

前回に引き続き、器の話し。
高価ですぐ割れてしまう陶器の食器を某オークションサイトで集めている私ですが、母親が大切に使っていた茶器は割るわけにいかないのでなかなか使わないようにしています。
IMG_20170420_141658.jpg
この器は「華山 萬右衛門」というところの器らしいのです。
藤の花が描かれていています。
藤も水墨画ではよく描く素材です。眺めていると勉強になります~。
「華山 萬右衛門」の食器はとっても薄いです。透けて向こう側が見えそうです。
そして、すぐに割れそうなので、これは滅多に使わないようにしています。

そこで、心置きなく使える「華山 萬右衛門」の食器を大好きなオークションサイトで購入しました。
IMG_20170420_141728.jpg
特にお気に入りは、右側のデミタスカップです。
クレマチスと思われる花が描かれています。

クレマチスも藤も蔓性植物で画題としても面白いです。
食器をみていると、枝ぶりの描き方も勉強になります。

Tomoko Yasunaga.゚+.(・∀・)゚+.

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する