みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

会展期間中におけるお手伝いのお願い

作品の締め切りも、
3月25日と押し迫って参りました。

もう既に提出されてホットしている方、
今、懸命に作成している方、
大変な時期に遭遇されていると思います。


 さて、例年のお願いですが、会展運営するにあたり、
会員各位の皆様方のお力を頂戴しなければなりません。

 ついては、当番表の作成にあたり、以下の事柄について
ご理解の上(ある意味で会員の義務とお考え頂き)、ご賛同される方は、
既に教室に掲示してある当番表に記載して頂ければ幸いです。


            記


①お手伝いの回数は3回以上とする。(搬入、搬出は除く)
 諸事情により、どうしても無理な場合はご相談下さい。 

②体験コーナーの講師については、師範科・研究科の方のみとする。
 会場当番、体験コーナーのお手伝いは全会員であたる。

④当番表には、各自が記入して頂き、変更は5月末までとする。

⑤遅番のお手伝いと、体験コーナーのお手伝いが重複しないようお願いしたい。

 
      平成29年3月吉日
        一般社団法人 国際墨画会
       連絡先:友吉師範  090-6033-6242

モアナの衣装

渋谷第四日曜教室の加藤です。

巷では最新ディズニー映画の「モアナと伝説の海」が面白いと評判になっていますね。
僕はまだ見ていないのですが、絶対に映画館に見に行こうと思っています。

というのもこの映画は太平洋のハワイ、ニュージーランド、イースター島を結んだ地域であるポリネシアを舞台にしていて、自分も数年前にポリネシアのサモアという島国に2年ほど住んでいたことがあります。なので非常にこの映画に親近感を持っています。


さて、この映画のヒロインであるモアナが着ている衣装ですが、
なんとも南国らしい模様と色合いでとても綺麗だと思いませんか?
実はこの衣装は布ではなく木の皮でできているのです。
ポリネシア地域でTapaと呼ばれている伝統的な生地で、
昔の人々は皆Tapaをまとっていたそうです。
現代ではみんな布の服を着ていますが、伝統的な衣装にはTapaが使われています。
これはサモアではないですがフィジーの博物館で見つけたTapaのドレスです。

IMG_5055_R-eb5c2.jpeg


模様がとても美しいですね。


自分が住んでいたサモアではTapaのことをSiapoとも呼んでいます。
木の皮をなめして生地にして、自然な素材から取った染料を使って
模様を描いていきます。

質感が和紙のようで自然の染料を使っているとこが
どこか水墨画に通じるところがある気がします。
このSiapoもサモアでは今では伝統工芸のように扱われています。

サモアの伝統を学ぼうとサモアにいる時にSiapoを自分で作らせてもらいました。
これが自分が作ったSiapoです。

IMG_3003_R-faf52.jpeg


せっかくなので作り方について紹介したいと思います。

まずは生地の素材となる木です。U’aと呼ばれる木を使います。
U’aに切り込みを入れて綺麗に皮をはいでいきます。


IMG_2939_R-18c2f.jpeg


さらにその皮の内側の白い部分のみを剥がして使います。

IMG_2943_R-62f02.jpeg


その皮を水に浸して水分を十分含ませた後に、
広く広く引き伸ばして生地にしていきます。

少々長くなってきてしまったので、今月はこの辺で。
この木の皮から生地へと変化していく過程はまた来月紹介します。

ではではまた来月。

第四水曜夜間クラスより

第四水曜夜間クラスは
竹のカリキュラムの最後、風竹でした。
風にしなる竿、枝、そして葉は、その角度や掠れ具合で、どれだけ強い風に吹かれているかを表現できます。
同じ竹でも、晴竹・雨竹・風竹と異なる描き方をしっかりマスターして、他の植物にも応用してみたいものです。



この日は、展覧会の締め切り間近と言う事もあり、作品提出ラッシュでした!
あちらでは出品作品の選別をし、こちらでは落款を押し、と大変慌ただしい日となりました。


展覧会に出品する為に、何度も同じ作品を描き、テキストにはない自分の絵と、いやになる程向き合うと、苦手な部分が浮き彫りになり、今まで気づかなかった自分の性格まで発見してしまう事もあります。
私は展覧会と言うと、いつも締め切り間近で焦るタイプだからか、なかなか楽しく描けるものではなく、苦しい思いをしてしまいます。
今年は無理だと諦めかけたりもしましたが、そこをなんとか気持ちを奮い立たせギリギリ提出する事ができました(;´д`)
皆さんはどんな風に作品制作をされたのでしょうか。
毎年余裕を持って描き始める方もいれば、私のようにギリギリで焦ってしまう方もいるかと思います。
どんな風に作品を描かれても、筆を持った分だけ、必ずや筆力向上につながるはずです!
作品制作を乗り越えた次のお稽古では、今までなんとなくやっていた水の含ませ方、墨の濃淡のつけ方など、ちょっとしたコツが自然と身に付いているのに気づくかもしれません。

さて、今月をもちまして、こちらの水曜夜間クラス担当は最後になりました。少人数ではありましたが、意欲的な皆さんは色々な角度から質問をされましたので、私も日々学ばせて頂いていた気持ちです。
とても感動的な御手紙も頂戴し、身の引き締まる思いと共に、今後も自分のカラーは大切にしながら、皆さんに水墨画の楽しさをお伝えしたいと思いました。
来月より第二・四水曜午前クラスの担当となりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

鵬水

渋谷教室の講師・アシスタント変更のについて

本年4月より、講師・アシスタントを一新し、
新体制にて皆様とご一緒に授業を進めて参りたいと考えております。

つきましては、新任の講師・アシスタントともに、
一生懸命に対応すべく日々研鑽に努めているところであり、
皆様方のご協力をお願い致します。



新体制については、下記の通りです。



            記


①研究科
  第2土曜日 13:00~17:00  講師:香取琴水

②上級(師範資格)コース
  第3日曜日 13:00~17:00  講師:香取琴水 / アシスタント:成田
  第3水曜日 13:00~17:00  講師:香取琴水 / アシスタント:石坂
  第3土曜日 13:00~17:00  講師:香取琴水 / アシスタント:友吉

③基本(講師資格)コース
  第2日曜日 13:00~17:00  講師:石坂美穂 / アシスタント:白瀧
  第2火曜日 10:30~15:00  講師:石井智子 / アシスタント:中野
  第2水曜日 10:30~12:30  講師:辻 鵬水 / アシスタント:南谷
  第2水曜日 13:00~17:00  講師:石坂美穂 / アシスタント:村松
  第2水曜日 18:30~20:30  講師:南谷黒天 / アシスタント:成田

  第4日曜日 13:00~17:00  講師:林 美野 / アシスタント:古川
  第4水曜日 10:30~12:30  講師:辻 鵬水 / アシスタント:南谷
  第4水曜日 18:30~20:30  講師:南谷黒天 / アシスタント:成田
  第4土曜日 13:00~17:00  講師:藤原如水 / アシスタント:成田


         平成29年3月吉日
            一般社団法人 国際墨画会
            会長 香取琴水

第17回国際墨画会展 作品の締切り

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、第17回国際墨画会展の作品の締切日
3月25日が近づいて参りました。

作品の提出にあたり、下記事項にご留意のうえご提出頂きますよう、
お願い申し上げます。

            記

①作品の郵送については、宅配便にて3月25日迄に本部必着のこと。

②3月25日の渋谷教室への持ち込みは可能です。
  但し、受付時間は、11時30分から17時30分迄とします。

③本部への直接持ち込みは禁止と致します。ご了承下さい。

④作品には必ず「出品申込票」を添付して下さい。


            平成29年3月吉日
              一般社団法人 国際墨画会
              会長 香取琴水 

ハーブの力

渋谷・水曜教室のカマローワです。

花の季節、勢いよく蕾が開花していく春のエネルギーに充電します。
花粉は困ったものですが、防御対策をしっかりし、春を謳歌します!
グズグズ鼻にハーブの力を借りて対抗!

ペパーミント、レモンマートル、バードック、エルダーフラワー、
アイブライト等をブレンドしたハーブティーですーっとすっきり。
マスクにミントとユーカリのエッセンスをつけて、息リフレッシュ。

ロシアでは昔から薬草を使った療法が身近なもので、薬局は薬草コーナーが
必ずあり、森でハーブを調達したり、自宅でハーブを育てたりします。
ハーブ (3)

風邪にはリンデンとラスベリー入りの紅茶で体温を1度上げて、戦う体制を作ります。
ハーブ (4)

咳き込んだら、背中にゴルチーチニキを貼り、血行促進し気紛れします(笑)。
ゴルチーチニキとは、紙切れにゴルチーッツァ(からし)を塗って乾燥させたもの。
ぬるま湯をちょっと付けて背中に貼ると、じわーっとピリピリしてきます。
15分以上貼りっぱなしだと、やけどするかもしれないので、取扱いにはご注意。
ハーブ (1)

高血圧にはコケモモ、
ハーブ (7)

ビタミン不足にはローズヒップ、
ハーブ (2)

炎症にはカレンデュラ、
ハーブ (5)

体調の変化と生活のリズムに合わせて紅茶にハーブをブレンドするだけで元気に。

猫がメロメロになるハーブ、バレリアンを人間が飲んだら鎮静作用があり、
極度にイライラしたときや眠れないときに飲む薬として一般的です。
ハーブ (6)

インドカリーに使うカルダモン、ターメリック、クミン、シナモン、コリアンダー等、
これも立派な薬草です。

ああ、カレー食べたくなりました・・・







水墨画で描く野菜

千代田教室担当 麻水です。

今月は千代田教室の最後の授業でした。

「野菜」の後半、蓮根・唐辛子・蕪・ラディッシュ・大根・麦、と
先月と今月で11種類もの野菜の描き方を学びました。

野菜を主題に絵を描こうとするとき、たくさんの表現方法がありますが
水墨画ほど、単純、明快にして、その本質を捉えようとする表現方法は他に見当たりません。

簡単な一筆の運筆で唐辛子になったり、胡瓜になったり、
筆にグラデーションを仕込むだけで、かぼちゃや蓮根の立体感が表現できたり、

穂に濃中淡のグラデーションを作り、筆を倒して左半分をクルンと、
そして穂の向きを変え、右半分をクルンと。
椎茸の傘はたったそれだけなのに、いしづきを描き加えるとまさに椎茸に見えたりします。

野菜はあっという間に描けるので、練習も楽しく果取るのではないでしょうか。


renkon

さて、、、、
千代田教室を担当させていただいた6年間もあっという間でした。
お仕事が終わってから、という平日のお忙しい時間に毎月通ってくださった皆様、誠に有難うございました。

千代田教室は、今春日本橋に開講する渡邉由杉先生の認定教室に合流するかたちとなります。
渡邉由杉先生は、千代田教室に長年通い講師資格を取得された方で
神奈川県川崎市でも認定教室を主宰されており、また、ワークショップも開催されたり、と
とても熱心に活動されている先生です。どうぞよろしくお願いいたします。


fukutokujinja

日本橋のビルの谷間にある福徳神社では、冷たい雨の中で白梅が満開でした。

千代田教室の皆様、ではまたいつかお会いできることを楽しみにしています。




台湾ごはん

渋谷教室の安永です。

今回は、台湾のお食事とおすすめのお店について。

「豆漿」これは、「トウジャン」と読みます。日本語で「朝ごはん」
とってもパワフルな台湾のみなさんは、どんな朝ごはんを食べているでしょうか。
きっと身体に優しくて元気になれる秘密があるはずです。
ホテルの朝食も美味しいですが、地元の方が通う朝ごはん屋さんに行ってみました。

その名も「豆漿大王」
IMG_3934.jpg

大王の名に恥じない美味しさです。
場所は、中山駅の近くです。でも、裏通りにあるので迷うこと覚悟で行ってみてください。
日本からのお客さんも多いようでメニューは日本語でも書かれています。
寡黙でイケメンのご主人と、かわいらしくて明るい奥さんのお二人でやっていらっしゃいます。

IMG_3933.jpg
私のお勧めは大根餅と肉まん。(写真の奥、左側が大根モチです)
とっても美味しくて、滞在中毎日通ってしまいました。
時間によっては地元の方々も続々といらっしゃって混雑しています。
台湾の朝食は豆乳を使ったお料理が多いみたい。女性ホルモンには嬉しい限りです。

次に、台湾スイーツ。
マンゴーかき氷も有名ですが、寒い季節でも、暑い季節でも食べられる身体に優しいスイーツが「豆花」
「ドウホア」と読みます。

IMG_4002.jpg
「豆花」の専門店「豆花荘」。寧夏夜市すぐ近くにあります。

豆乳の柔らかい寒天ゼリーみたいなものに、小豆や甘く煮たピーナッツやタロイモや。。いろんなものをトッピングして食べます。
暑い季節は冷やして、かき氷をいれてもオッケー。寒いときは温めてもオッケー。
全季節対応の最強スイーツだと思います。
おまけに、豆乳ベースで身体に優しい!
IMG_4004.jpg
こちらは、トッピング増し増しで下のある豆乳ゼリーが見えなくなった主人の豆花です。

トッピングは本当にいろいろあって、その時の気分や体調によって選べます。夏の身体に優しい「仙草ゼリー」なんていう渋いトッピングや、お肌によい「はと麦」などもあって、さすが!台湾!と思いました。

次に行ったときは手作り豆花の素を買って帰りたいです~

Tomoko Yasunaga +゚。*(*´∀`*)*。゚+


日本酒についてのよしなしごと


こんばんは。渋谷教室の坂本です。

ここ数日、肌寒い不安定なお天気ですね。
花冷えの季節というには少し早いですが
このような晩には熱燗がいただきたくなります。


そんな気分から今日は先日参加した
「秋田の酒を楽しむ会」のお話を交えつつ
日本酒について少々。。。

kaijo.jpg
(会場の様子)

酒どころの各県では主にその地方の
酒造協同組合などが主体となり
ホテルの大広間やイベントホールを会場として
定期的にお酒の会を開催しており
人気の高い地域の会においては600近い席が
販売開始当日に完売してしまう、という盛況ぶりです。
お国自慢の酒肴が供されることも多く
その土地の料理とお酒のマリージュが楽しめるのも
参加者が喜ぶところでありましょう。

namahage.jpg
(なまはげとミス酒秋田がお出迎え)

またこの種のイベントで各蔵の仕込み水を飲み比べるのも
自身のお酒以外の楽しみであります。
同じ蔵の仕込み水とお酒を並べ「このお水がこのお酒になったのだ」と
お水とお酒を交互に飲みながら、しみじみ発酵のロマンを感じるのであります。

shikomisui.jpg
(仕込み水の一部)

新政など人気の蔵元ブースが長蛇の列になっている中
2016年に秋田の醸造試験場で開発された
「AKITA雪国酵母」を使用したお酒コーナーにふと立ち寄り
試飲してみました。
この酵母で醸したお酒はメロンやリンゴのような吟醸香が高く
現代のトレンドに相応しいものであり、さらにこの酵母には
その華やかでフルーティーな香味やフレッシュさを
持続させる力が備えられているとのことでした。
年々輸出量が増加しているJAPANESE SAKEの
将来を見据えてのこの開発成功に感服。
伝統と最新バイオテクノロジーが融合した日本酒は
やはり素晴らしい日本文化の一つであります。


水墨画同様、この日本文化守り発展させてゆくために
これからも消費者として日々関わっていきたいものです。


今日は何の日パート2

こんにちは!
第三土曜教室の木村です。

今日はホワイトデーですね〜。
先日、ラジオを聞いていたら、ホワイトデーのお返しについて女性にインタビューをしていたのですが
インタビューを受けた女性の多くが
「ホワイトデーのお返しはいただけたら嬉しいけど、なくても良いです」と言っていて
それは絶対に嘘だと思っちゃいました。笑。

ところで、日本ではホワイトデーですが、アメリカでは「πの日(パイの日)」だそうです。
3.14・・・円周率・・・なるほど。
そして円周率はずーっと続くのにあやかって、3/14にプロポーズする方もいるのだとか。
二人の愛が円周率のように続きますようにって、何だかロマンチックですね。

写真は勤め先の社長にいただいたホワイトデーのお菓子です。
花束を模していて可愛いですね。
image3.jpg

小腹が空いたので、仕事しながらいただきまーす!

該当の記事は見つかりませんでした。