みんなのSumi-eブログ

多彩なメンバーの楽しい投稿です!お楽しみに♪
MENU

大洋州の和紙

渋谷第四日曜教室の加藤です。

さて3月の記事ではSiapoという伝統的な生地作りで、
そのSiapoの原料となるU’aという木の内皮を剥ぐところまで紹介しました。

↓前回の記事
モアナの衣装の記事


今月はその内皮を引き延ばして生地へとしていく工程を紹介します。
Siapoは大洋州の和紙と言ってもいいほど、
生地を作る工程は和紙を作る工程に似ている気がします。
ただ和紙のように繊細ではなくて、もう少々丈夫な生地なため
工程も和紙作りに比べて荒いですが、
大まかな流れは似ているのではないでしょうか。


まずは剥いだ皮を水に浸して水分を十分に含ませます。

そして少し大きめの貝殻でその皮をこすって
少しずつ少しずつ引き延ばしていきます。
この工程がとんでもなく重労働なんです。

IMG_2951_R-9b0f8.jpeg

何度も何度も上半身を大きく使ってこすりあげます。


ある程度大きくなったら、
今度は別の貝殻でこすって生地から水分を絞り出します。

貝殻でこれだけこすっても破けないとは何て丈夫な木の皮なんだと感心します。
しかしまだ伸ばす工程はこれだけでは終わりません。


次は水分を抜いた木の皮をi'eという木の棒とtutuaという土台で叩いて
更に引き伸ばしていきます。
とても軽快にリズムに乗って小気味好く叩いていきます。

IMG_2961_R-fa020.jpeg


話は少々それますがサモア人のリズム感はとても素晴らしいものがあります。
サモアのダンスショーなどでは演奏者が木の棒で木の土台を叩いてリズムを作り、
そのリズムに乗って踊り手がダンスします。
きっとSiapo作りでのリズムのようにリズム感は
伝統的に日々の日常で育まれてきたものなのでしょう。

サモアのドラムの動画


高速なドラムが心地よいですね。

Siapoも日本の伝統工芸と同じで
今では作り手がとてもが少なくなってしまいましたが、
昔は村中でこの木を叩く音が聞こえていたのでしょう。

さて話を戻して、
i'eとtutuaで木の皮を叩いて十分に広げたところで
引き延ばし工程は終わりです。
ここで石で押さえつけて30分ほど乾かします。

伸びた生地はこんな感じです。

IMG_2964_R-bdf1b.jpeg


これで生地はほぼ完成です。

それでは来月まで完全に乾くまで30分ほど待ちますか。
次回はいよいよ着色工程です。
水墨画でいうとやっと画仙紙ができたところですね。


ではではまた来月。

猫パンチ

来月の頭から参加するグループ展に水墨画を出してみようと思いたち、家で制作していたら
ウチのお猫様が「ほれ、描いてみれにゃー」と言わんばかりにデデンと鎮座。

onekosama

ものっっっっっすごくワルい顔をしているのが気になりましたが、
それでは・・・と、描いていたら「運筆ワルいにゃー!」と猫パンチされまして、1枚ボツになりました( ノД`)
お猫様厳しいです(´・_・`)

なんとかかんとか出来上がったので、軸装して、6/3から下記ギャラリーにて展示いただける予定です。
谷根千散歩の途中とか、お近く寄られましたら、是非遊びにいらしてください〜♪

奇妙なキノコの展覧会
2017年6月3日(土)~11日(日)
時 間 15:00~22:00 ※最終日20時まで
休廊日 6(火)、7(水)
観覧料 無料

すこーし

渋谷第四日曜教室の加藤です。

先月の記事でふれた「モアナと伝説の海」というディズニー映画を見てきました。
映像が美しく音楽も印象的でとても面白い映画です。
何と言ってもポリネシア文化が映画中に散りばめられていて、
村の描写なんかは自分がサモアにいた時を思い起こされるほどでした。

さて先月はサモアの伝統的なSiapoという生地を作る工程の途中まで紹介しました。
先月の記事はこちら
今月はその続きと思っていたのですが、
最近アメリカ人のpodcastを聞いていて面白い話があったので
今月はそちらを紹介したいと思います。


日本語にはたくさんの外来語があって
意識せずとも英語をあたかも日本語の一部かのように使っていますね。
ブログ(blog)とかインターネット(Internet)って単語もそうですね。


逆に日本語が英語になっていることもあるようです。
ご存知の方もいるかとは思いますが、
その中で面白かったものを2つほど紹介したいと思います。


一つ目は「bokeh」。ボケ。
写真の「ピンボケ」のことです。
レンズの焦点が合っていないボヤけてる箇所や
その表現をボケと英語でも言うようです。
きっと水墨画でボカす表現にも使えそうな気がしますね。


2つ目は「skosh」。スコーシ。
日本語では少し。そう「少し」です!
skosh moreでもう少しみたいに使うみたいです。
まさか少しなんて日本語がそのまま英語になってるとは驚きですね!
Podcastのアメリカ人曰くそれほど頻繁には使ってはいないけども
アメリカで普通に聞くことはあるとのことです。


どちらも水墨画をNative English speakerに説明するときに使えそうな気がします!
ちょっと滲ませてボヤけた表現を説明するときに、
「少ーしボケ」って言ったら通じるかもしれないですね(笑)


それでは今月はこの辺で。
また来月。


桜の季節

第3日曜教室の佐藤です。

東京のお花見シーズンも終わりかなと思っていたら、近所の神社でこんな綺麗な桜を見つけました。
これは八重桜でしょうか。

IMG_0249.jpg

3月に寒桜が咲くことを考えると、桜の花を楽しむことができる時期は意外と長いものですね。

さらに、北へ向かえばこれからがお花見シーズン。
私の実家は山形なのですが、ゴールデンウィークにもう一度お花見を楽しめるかも知れません。

良い写真が撮れましたら、またこのブログへ掲載いたしますね。

今日は何の日パート2

こんにちは!
第三土曜教室の木村です。

今日はホワイトデーですね〜。
先日、ラジオを聞いていたら、ホワイトデーのお返しについて女性にインタビューをしていたのですが
インタビューを受けた女性の多くが
「ホワイトデーのお返しはいただけたら嬉しいけど、なくても良いです」と言っていて
それは絶対に嘘だと思っちゃいました。笑。

ところで、日本ではホワイトデーですが、アメリカでは「πの日(パイの日)」だそうです。
3.14・・・円周率・・・なるほど。
そして円周率はずーっと続くのにあやかって、3/14にプロポーズする方もいるのだとか。
二人の愛が円周率のように続きますようにって、何だかロマンチックですね。

写真は勤め先の社長にいただいたホワイトデーのお菓子です。
花束を模していて可愛いですね。
image3.jpg

小腹が空いたので、仕事しながらいただきまーす!

このカテゴリーに該当する記事はありません。